ファッションとショッピング

旬太郎★キーワード広場
キーワードには旬がある。旬の話題、旬の情報を探索する旅人が〜通販の格安激安情報や人気ランキングの口コミ情報、新着の売れ筋情報、評価体験談などをご紹介。
TOP>ファッションとショッピング
サイト内検索

ファッションとショッピング


ファッションの歴史〜


60年代のファッションは、若者文化や学生運動・サブカルチャーと密接に関係があります。サイケデリックファッションやミニスカート、新ブランドのVANなどが一時代を画しました。
70年代に入ると、60年代よりさらに活発化した学生運動などの反体制運動やヒッピーに象徴される自由と連動してジーンズやヘビーデューティー、ニュートラなどが流行ったのです。
80年代にはバブルが頭をもたげはじめ、DCすなわちデザイナー&キャラクターブランドが台頭してきました。従来のアパレルメーカーと違い、デザイナーの名前を前面に出した商品を販売するというものです。代表的なブランドとしては、山本耀司の「ワイズ」や川久保玲の「コム・デ・ギャルソン」などです。価格的には従来の量産品に比べれば高いのですが、若者でも買えるほど豊かになり、DCブランドブームが若者の個性や主張を表すものとなったのです。その後、バブルが加速すると「ボディコン」が広まり、髪のワンレングス、ボディコンの女性が街中で目につくようになったのです。一方、カジュアルファッションも流行り、「渋カジ」などは社会的経済的に恵まれた親の子供である私立男子高校生のジーンズや紺ブレザーを着こなす若者たちから発信されたものと言われています。
90年代には、ストリート系のファッション、ダボダボのTシャツ、ハーフパンツ、スニーカーが注目された。また、コギャルと呼ばれる女の子やヤンキーがファッションも現れた。また、「渋谷109」のセクシーカジュアルも注目され、厚底ブーツが流行った。ルーズソックスもこの頃ブレークした。
2000年代に入ると、GAPやユニクロといったカジュアルファッションのマーケットも拡大し、現在のような多様なファッションに繋がっている。


ファッションとショッピング〜


一昔前までは、衣料などのファッション製品を買うといえば店舗に行ってであった。もちろん、今でもデパートを初めブティック、ブランドショップまで実店舗で目で見たり手で触ったり試着しながら買い求めるのも相変わらず続いている。が、ここ数年急激に売り上げを上げてきているのは、インターネットを通して売買するネットショップである。
ネットオークションもあれば、楽天などの大型ショッピングモール、デパートのネットショップなど、その数も売り上げも年々すごい勢いで伸びてきています。値段の比較ができたり、同じものを安く買えるなどのメリットもある一方、届いてみたら思っていたものと違っていたり、カード決済の問題なども起こったりしました。しかし、そういう問題点も、日々進化して解消されていってるのもネットというものの力でもあります。これからも、ファッションとネットは切り離せないものとして発展していくものと思われます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連項目メニュー

ショルダーバッグを通販で
フェラガモはブランドの粋
携帯電話ケース
ツモリチサトのアウトレット
ルイヴィトン ルイビトン
ジルスチュアートの通販
パーフェクトスーツ
サーフ系ファッション
香水・フレグランス
水着の種類




Copyright (C) 通販人気ランキング**旬太郎キーワード広場 All Rights Reserved